読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NOCTURNAL

日々肝試し

日記

今公開中のプリンセス・メゾン第32話が突き刺さっている。

やわらかスピリッツ - プリンセスメゾン

自分にしか興味ないということはここ2年ほどで自分についてよくわかったことのひとつ。

たとえばシスターみたいにその身を神に捧げるでもなく…

誰かと愛しあって命を繋げるでもなく、

誰かのために役立つこともないまま生きる人を…

神様は祝福するかしら。

最後の読点がもうほんとに…。疑問じゃなくて、つぶやきというか、祝福されるのかどうなのかを知りたいんじゃなくて、なんとなくそうなる道が自分の行く先にうっすら見えちゃったという吐露。
プリンセスメゾンは沼ちゃんがマンションを買うメインのストーリーも思わず応援してしまうし、持井不動産の営業さんや受付派遣のふたりのストーリーも味わい深いんだけど、他の家を買った女性たちの話を読むと内臓の奥をぎゅっとつねられたような気持になる。ホームパーティーの片づけを終えて寝る前に「私いつ死ねるんだろう」とつぶやいてしまうひととか。でも絶対に湿っぽくならないのはすごい。