NOCTURNAL

日々肝試し

変則の仕事が終わりそうで終わらなくてしぶとい。放っておいた私にも非はあるけど、私のすぐ上の上司が全くあてにも頼りにもならず、ただただ疲れた。大ボスはブチ切れていた。別の仕事もこの忌々しい変則の煽りを受けて全てが後手になり先輩からお叱りを受けた。

今回の9月からの流れの「なんかもう無理」の感覚は体の中に毒物が溜まっていって具合が悪くなるのに似ている。毎日少しずつでも、悪いものを摂り続ければおかしくもなる。

院のゼミのBBQは欠席した。疲れているのもあったけど、出席者の構成が変わってきていて、行かなくてもいいかなという感じだったし。前に書いた結婚式には無事出席した。神式のお式で披露宴の入場が、新婦が新郎の3歩後ろをついて歩く形式だったのには21世紀だぞ…と思った。本人たちが良ければ問題ないのはもちろんだけど、初めて見たので驚いた。とにかく今は何にも考えずに済む休みが欲しい。今日はひさしぶりに現場からまっすぐ家に帰れる。

かわいそうなおっぱい

健康診断に行った。病院はここ3年ほど健康診断でかかっているところなので安心して行ったら、事件が起きた。断っておくけれど、病院側には粗相はない。

マンモグラフィは痛い。胸が貧相なのでなおさら。それは分かっていて年に1回のことだから受けていた。でも今日は本当に痛かった。体調は普通だった。技師の人が位置決めをして私の胸を掴んで台に載せるのも痛いくらいだった。もちろん挟まれたら痛い。痛くて反射的に体を引いたら叱責された。もういいですという言葉が出かかったけれど、我慢して規定枚数を撮り終えた。それで泣いた。自分が乱暴に扱われた気がしたんだと思う。やっとのことで変則の仕事がひと段落て気持ちが弱ってたのかもしれない。でももう二度とマンモグラフィは受けたくないし、あの病院にももう行かないと思った。いつもなら年1回だしと思ってまた同じ病院に行くのかもしれない、でも今日はもう絶対に嫌だと思ったから、ここに書いておく。私のおっぱい本当にごめん。

今月は結婚式があるので、ワンピースを買った。結婚式は着ていくものに困る。レンタルを去年試してみたけど、あまり納得いかなかったので今回は買った。

■ - NOCTURNAL

これ以降慶事はなさそうだし、服が似合わなくなってきてるしで、そこまで高くないシンプルなワンピースに華やかめのロングネックレスを合わせて、靴は手持ちのパンプスで。口紅は新しいのを買った。これでドレスアップ感は出せるはず。

本当に服を買うのが楽しくない。着るものはもうどうでもいいし、家でパジャマで過ごしたい。仕事で服装をちゃんとしないといけないことが何度もあるのに、いざとなると着るものがない。しまいには週末ジムに行くときに着る服もない。

最近いちばん楽しかった買い物はシュレッダーです。

 

お盆から海外旅行、海外研修、また海外旅行とほぼ1ヶ月働かなかった。働かなかったら肌荒れが大幅に改善して、やはり仕事のストレスが大きいことがわかった。旅行はもちろん楽しかったし、海外研修のときは週末にCrazy Rich Asiansを一足先に見られて良かった。仕事に戻ってすぐ、私宛の郵便物が格納されるところが荒らされて書類がなくなり、やっぱり仕事がストレスなんだよ!!!!!と激怒。職場が安全じゃないことと、私個人に対する攻撃なのか無差別なのかがわからなくて気持ち悪い。

お盆に実家に帰ったとき、母親が今度はパワハラで退職し、資格も廃止にしたことを知った。年明けからまた職探しをするみたいだけど、年齢的にはもうリタイアかもしれない。私もお金の使い道を実家への仕送りを織り込んで考えないといけないかも。

細々としたことがしんどいけど、ひとまず帰国して落ち着いたので、あとは対処するのみ。

今日も今日とて薄情に暮らしている。

先月院の同期が子供を産んだ。おめでたいことだし、母子ともに無事で良かったと思ったけど、「落ち着いたら会いに行く」という気持ちが全く沸きおこらなかった。LINEグループでは写真に対してかわいい!!が飛び交っていたけど、私は適当なスタンプを押してそっとしておいた。スタンプって便利。

退職する同期に本人の送別会で「実は嫌われてるのかと思ってた」と言われて驚いた。実際はオフィスで会っても気がつかない、もしくは話すことがないので話しかけなかった、ということなんだけど、気にしていたらしく悪いことをしてしまった。

かと思えばお世話になった上司の出向には空港まで見送りに行ったし、薄情なときとそうでないときのバランスは取れているのかもしれない。いやでも崩れてるからこうなったのか?